ゴーストライターのアレ

お話として面白くなってきましたね。

佐村河内守さん 自分で作曲せずゴーストライターに任せていた 高橋大輔がソチで使う曲も

http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/05/niigaki-takashi_n_4728709.html?utm_hp_ref=japan

 曲の良し悪し抜きに『現代のベートーベン』なんてキャッチフレーズつけられたり、NHKに取り上げられて「こんな人いるんだぁ」って言って、普段聞きもしないクラシックのCDを買った人なんかたくさんいるんでしょ。それでCD聞いて「良くわからないけどいいなぁ」って満足してるの。買っただけで満足しちゃう人もいたんでしょきっと。

単純にいい曲なんだったらCD回収したりコンサートツアーをキャンセルにするほどのことじゃないと思いますよ。ドーピングして捕まったとかそいうのじゃないんだし。

槙原敬之とか何事もなかったようにしてるけど(ああいうの大っ嫌いなので)。それよりはまだましだわ。そういえば最近テレビで見る槙原さんのテンションおかしいよ。もともとそういう人なのかもしれないけど「亀田音楽学校」の時のはしゃぎっぷりとか。生理的に好きじゃないっていうのが強いかもしれないですが。

 

なんにせよ今日(6日)の会見はどんなお話しになるのか興味津々ですよ。

新垣隆さんが告白「私が佐村河内守さんのゴーストライター

http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/05/niigaki-takashi_n_4728709.html?utm_hp_ref=japan

 お互い何かしらの利害が一致していてゴーストライターって形で活動してきたっていうだけのことだと思うけど。音楽ユニット『佐村河内守としてこれから再スタートすれば良いんじゃない?っていう。ただ、「両者の意見が対立して・・・」みたいなことが書いてあるのでユニットの解散会見みたいな感じになるんですかね。

両者のキャラの役割分担がいい感じでできていてるからもったいない。