なんだかなぁ

詐欺師にみんなが踊らされてたっていうことでしょうけど、あのおっちゃんがあれこれ発注していなければ作品は存在していなかった訳で、そう考えると複雑な気分ですね。楽曲が売れた要素としてその内容よりも『現代のベートーベン』っていうキャッチフレーズのインパクトが大きかったのかと。
こんなエントリーを書いていながら問題の曲たちを聞いていないのでなんとも言えないですけどね。
傍観者の極み。

あとで聞いてみようっと。