因島 「はっさく屋」のはっさく大福 後発品はオリジナルを超えられないのか

たまたま福山SAのお土産屋さんで「はっさく屋」さんのコーナーができていて、どんなもんかなぁと覗いていると、そこにいたオッチャンが「これ、ワシとワシの師匠で作ったんじゃぁ。これがうまいからって他所も作ってるけどこっちが本物じゃぁ。」って話しかけてきた。

おもむろに棚から大福をガサッと取って、袋をぶちっとちぎってわたしてくれた。試食でそのまま一個貰っちゃった。ラッキー。

 

いやぁおいしい。いつも買ってるはっさく大福とは段違いでした。大福の作り方なんかは全然わからないけど、どこかにコツがあってそれは後発品では再現できてないんだなぁと感じました。全部のバランスがびちっとはまっていてどこも喧嘩していないんですね。

 

f:id:apocryphally:20150623090238j:image

袋を留めているテープが緑のものが、このオッチャンのところとオッチャンのお師匠さんのところの目印だそうです。また売っていたら絶対買うとおもいますよ。帰省するときにお取り寄せしたいくらいです。

 

0845.boo.jp

HPみてみたら話しかけてきたオッチャンがお店の大将でした。。。

 

tabelog.com

 

 

関連記事はこちら

apocryphally.hatenablog.com