読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わきっちょの方から手を出してみるJAZZ(その1)

music

普段メタルとか聴いているとなかなか手を出しづらいJAZZ。聴く音楽の幅が広がっていくなかでJAZZの端っこの方にたどり着いた気がするので、その過程を書いてみます。酷いです。

 

中央突破を図って跳ね返される

いろいろ聞いてはいたのに手を出していなかったJAZZ。何かの拍子で「よし、JAZZも聞いてみよう!」と思い立ったのでが、良くわからないからとりあえずスタンダードの名盤に突っ込んでみました。結果それほど面白みを感じなくてハマることはありませんでした。それ以来「まだ自分が手を出すには若すぎるんだ」ということにして積極的に近づかないようになっていました。

 

きっかけはニューオリンズ

FunkやSoul、レアグルーヴとして昔のブラックミュージックなど濃いものを集めていた時にたまたま手にしたWild Magnoliasがきっかけでニューオーリンズの音楽にハマっていきました。

 

The Wild Magnoliras 

 

Meters

 

Neville Brothers

 

Galactic

 

Papa Grows Funk

 

Dirty Dozen Brass Band

 

Dumpstaphunk

 

Big Sam's Funky Nation

 

Trombone shorty

 

Rebirth Brass Band

 

 

集める対象が広がって収拾がつかなくなってくる

ニューオーリンズにはジャムバンドがたくさんあって複数バンドに入っている人もいるので、楽器毎に個別のプレーヤーも追っかけるようになってきました。サックス・ギター・トランペット・ドラムなどのソロアルバムなんかを集めていきました。この辺りでもうぐっちゃぐちゃです、ニューオーリンズとか関係なくなってきます。

 

今回はニューオーリンズにハマったところで止めておきます。この辺りのバンドはライブがものすごく良いバンドばっかりです。次はビックバンドの派手なところに行きましょう。

 

 

Life Is a Carnival

Life Is a Carnival

 

  

Rejuvenation

Rejuvenation

 

 

Yellow Moon

Yellow Moon

 

 

Into the Deep

Into the Deep

 

  

Doin It

Doin It

 

 

Medicated Magic

Medicated Magic

 

 

Dirty Word

Dirty Word

 

 

テイク・ミー・バック

テイク・ミー・バック

 

   

For True

For True

 

 

Rebirth Brass Band

Rebirth Brass Band