読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉も石も「現代アート」

memo

何か炎上しちゃってるみたいですね。現代アート

kyoumoe.hatenablog.com

 

すんごいカッコいいとか、奇麗とか、面白いなっていう作品もあるのはわかってますよ。玉のほう。その中に紛れ込んじゃった石にもなりえないクズがあまりにもウンコすぎて炎上しちゃった感じですかね。炎上っていうかドン引き。

 

現代アート」っていう括りが広すぎちゃってウンコばっかり目立っちゃうんですかねぇ。何度か展覧会とか観に行ったこともあったけど、何がやりたいのか全く理解できないし、面白くもなんともなかったので大嫌いです。やったもん勝ちみたな風潮と、ほんとに理解しているのか怪しいけれど難しい顔してフンフン頷きながら作品(笑)を観てる観客とかも大嫌い。もう、関わってる人たちみんな嫌いっていうくらい嫌い。

 

たとえば、何もない6畳くらいの空間の真ん中からちょっと外れた所にボコボコにしたヤカンなんかをぽつんと置いておいて「憑依 -prat3-」とかそれっぽい適当なタイトルつけて、これは現代アートの作品ですってやったらどっかの調子こいたバカが「これは・・・」って評価しちゃったりするんでしょ。ものすごい偏見だけど。

おじいさんがにやにやしてるだけの数秒の映像を永遠にループで流してみるとか、そんなの何が面白いの?って。

 

今までになかった新しい手法で絵画なり彫刻なり作品を作っていくことはものすごく大変な作業だと思うけれど、だからといってシュールな方向に走りすぎると、ただの悪乗りとしか思えなくてつまらない。

 

理解できないこっちがレベルが低いのか。詳しい人に解説してもらうと理解できるようになるのかなぁ。でも、美しくも面白くもないから僕の人生には全く必要のないもので、嘲笑の対象にしかならないっていうね。